合同葬のメリットとは

合同葬とは、故人が勤めていた団体、企業側と行う葬儀のことです。この場合、社長や経営者などのかたが対象になります。場所や日程、費用などは、双方の話し合いの元で決められます。また、災害などや亡くなった時期が重なった時に、合同で行われます。企業側との話し合いで進めましょう。合同葬のメリットは、個人で行う個人葬と違い企業側と進めることができることです。遺族側が故人のかたが勤めていた企業の方々に連絡をする手間が省けます。勤めていた時にお世話になった方々と話し合いの時間を設けることもできますし、遺族側が故人の勤め先に用事がある場合や遺品整理なども繋がりがあればしやすくなります。場所や日程、費用も負担が減ることでしょう。葬儀を執り行ったり、まとめ役になる人が増えることもメリットでしょう。合同葬を行う場合の詳しい内容は、葬儀社などとの話し合いの元で決めていくと良いでしょう。

葬儀費用の軽減は合同葬の利点の1つ

合同葬は、会社の行事である社葬と遺族が行う個人葬を一体化して行う葬儀です。葬儀を一つにすることで、費用の軽減や参列者の手間が省略されるという利点があります。特に大企業では、会社での功績が大きな人に対し、遺族が行う個人葬とは別に、会社負担で社葬を執り行うことが一般的でした。しかしその場合、何度も葬儀を行うため、遺族にも会社にも負担がかかります。また、社葬の場合は香典が課税対象になります。そのため、当日は香典を辞退したり、後日改めて参列者が遺族に届けるなどの手間がかかります。しかし合同葬では個人葬が合体しているため、香典は受け取りを遺族にすることで非課税になります。最近は経費削減のため、大規模な社葬を行う企業が減少傾向にあります。その代わり、合同葬は増えています。今後より一般的な葬儀の形として、普及する可能性があります。

合同葬の宗教は喪家の宗教で行なう

自分自身の宗教が何であるかを知っている人、知らない人がいるでしょう。子供のころといいますと特に葬式などに参加することがありませんから良く知らないこともあるでしょう。宗教については個人でそれぞれ異なる場合がありますが、特にないのであればその家族の宗教を引き継ぐのが一般的になります。日本では仏教などを宗派とすることがあるようです。宗派は非常に多くあります。合同葬の時には宗教はどの宗教になるのでしょうか。会社によっては何らかの宗教に影響を及ぼしていたり、関係がある場合もあるでしょう。基本的には喪家の宗教で行うことになります。それぞれの会社に勤めるにあたっては宗教が何であるかは問われません。ただし取引先などが参加することから問題が出てくることもあるので、先に十分話し合いをしておきます。その上で決めていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です