事前に葬儀の進め方や費用負担等を決めるべき合同葬

1人の人が亡くなった時の行われる一般的な個人葬と違って合同で葬儀を行う形態には2種類あります。企業や団体等の社長や役員が亡くなった際、業界の著名人であったり、取引先関係者が多数いる場合などには大規模な葬儀になると予想されるので、企業等の主催する社葬が行われることがあります。この場合、亡くなった社長等の家族等、遺族が別途、個人葬を執り行うケースがありますが、葬儀準備の負担軽減などを考慮して個人葬と社葬を合同で行うこともあり、合同葬の一つとなります。一方、大きな災害が発生して多くの人が亡くなった場合には個人葬を行っても構わないのですが、亡くなった全員の遺族が合同して葬儀を行うこともあり、これも合同葬の一つです。中でも、飛行機の墜落事故のように亡くなった人の遺体が判別しきれないケース、あるいは、地域全体が大災害を受けて遺族が被災者となっている場合は個人葬をしたくてもできないケースなどでは合同葬の形態を取ることが多いようです。この場合、葬儀の進め方や費用負担等、事前に話し合って決めておかないといけない事項が多々あります。

合同葬のメリットとデメリット

合同葬には、メリットとデメリットがあります。合同葬というのは、個人葬と社葬とをダブルで同日に一緒に行ってしまうことです。簡単に言ってしまえば、ご遺族の方と会社の双方で葬儀を行うというイメージです。メリットは、個人葬と社葬とを同日に一緒に葬儀をすることができるため、ご遺族や会社の各々の負担が軽減されるという点です。葬儀は意外と時間と体力を消耗します。ですから、1度に一緒に葬儀を行ってしまった方が、ご遺族に関しては日常生活を早く始めることができますし、会社側としては通常業務を早く再開できるというメリットがあります。また、同日に個人葬と社葬を一緒に行った方が費用面でも安くなります。一方、デメリットは、同日に個人葬と社葬を行うことになるので、その準備が慌ただしくなることです。ですから、故人とのお別れの時間をゆっくりと確保することが難しくなります。

会社への貢献を感謝するなら合同葬です

会社に長く勤めていて、長きにわたり重要な役割を担ってきた社員や重役の方が亡くなった時、選ばれている葬儀の形が合同葬です。この葬儀はご遺族の方々と社葬を共同で行います。その為、複数回葬儀を行う負担が軽減されます。残されたご遺族にとって、何度も準備をするのは精神的に負担ですし、会社も故人とのお付き合いがあった取引先とのあいさつなども合同で行う事により、スムーズに連絡をすることが出来ます。家族で行う葬儀と社葬を何度も行う事がないので、葬儀に掛かる費用を抑えられるほか、時間も大幅に短縮する事が可能です。会社にゆかりのあった方々へのあいさつは必ず行わなければいけませんから、失礼がないように滞りなく行う為にも合同葬を専門的に取り扱っている葬儀会社も登場しています。専門としていますから、準備なども非常にスムーズに行われるので安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です