合同葬で斎場の費用は企業が持つ事ができる

企業においてはいろいろなイベントを行うことがあります。新商品の発表だけでなく、創立30周年であったり、新しく新社長が就任をした、新しい工場が竣工したなどがあるでしょう。このようなときには取引先などにきてもらっていろいろとアピールをします。宣伝とは異なりますが、取引先との関係を強固にするための行事といえます。お金がかかったとしてもそれなりの効果が得られます。合同葬においては、斎場の費用などは誰が支払うことになるかがあります。社葬の一つとはいえ、個人葬の中で行われます。こちらの費用については企業が持つ事ができますもちろん故人が資産家で生前から個人資産で行う用に伝えていれば別ですが、大きな費用がかかることになります。個人葬に比べてより多くの費用がかかる原因にもなるのでこの部分は企業が負担するのが妥当でしょう。

合同葬は社内規程で詳細を決めておく

企業においては労働者の労働に関する取り決めとして就業規則を決めています。就業規則に属するものとしては賃金規程や退職金規程などがあります。これらを決めておくことでそれに基づいて業務を行うことが出来ます。その他にも後で困るようなことにならないように規程を決めておくのは大事なことといえるでしょう。そうすることでお金の流れ、役割分担などをすぐに決めることができます。企業においては合同葬について社内規程で決めるようにすると良いかもしれません。社員数が多くなったり、取引先が多くなるような時は将来的に行なうことがあります。どういった関係者が亡くなったときに行なうか等を決めておきます。社員であったり役員に限定する場合もありますし、名誉役員等になっている人であればその人の場合に行うこともあります。金銭負担もそれに従って行なえます。

合同葬によって社葬の費用を抑える

企業が考えることとしては売上を上げる、利益を上げることです。でも普通にそれをすると税金でどんどんお金が出て行ってしまいます。ですから上手く経費を調節して利益を下げようとする動きもあります。景気のいいときにはどんどん社葬を行なうことで経費の調節をしていたところもあるようです。一方近年においてはあまり景気が良いとはいえません。でも社葬が必要な場合があります。そこで企業が取る方法として合同葬があります。社葬であればすべて企業が執り行い、経費の支払いも企業が行う必要があります。でもこちらなら遺族が出す部分もあります。規模に関しても社葬より大きくすることができない場合があります。大手企業の場合は経費削減のために切り替えることはないでしょうが、中小企業など出ればこれによって経費を抑えたい場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*